部分的ではなく、身体全体が調和している状態を健康体と見なす

  •          アンドリュー・テイラー・スティル医師 

 
オステオパシーは今から1世紀以上も前にあたる1874年に
アメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル博士によって発表された自然医学です。
 
スティル博士は自分自身が医師でありながらも、髄膜炎により亡くなった3人の子供の命を助けることができませんでした。

子供達を失ったことで当時の医学に限界を感じ、
その絶望の淵から、解剖学、生理学、病理学等を更に研究し
自然の法則に基づく独自の治療法を確立しました。

オステオパシーは人間の持つ治癒の本質にアクセスする徒手療法であり、
オステオパシーという哲学によって成り立っています。

以下、スティル博士の言葉より

第一は、物質で出来た身体。第二はスピリチュアルな存在。第三は、生命維持に不可欠なありとあらゆる動きや物質としての形を遥かに凌駕している精神の状態。
その本分は、偉大なる命のエンジンを抜け目なく操作することである。

 

原因を見つけ、そこを治療し、あとは治癒力に任せて放っておく

 
オステオパシーはスティル博士の以下の理論に沿った手技療法によって
健康を見出していきます。
 

・体は全体で一つのものとして機能しているユニットである
・機能は構造を支配し、構造は機能を支配する
・血液の循環が最も重要である

 
オステオパシーは
身体の土台になる骨のフレームワークを整え正常な位置に戻すことで
動きを妨げている神経圧迫を取り除き
 
血液や全身を体液の循環を促し
本来人間に備わっている自然治癒力を正常に働くようにします。
 
オステオパシーは人間を全体として捉えるために
痛みや不調のある部分だけをケアするのではなく、
 
骨格、筋、筋膜、リンパ液、血液、脳脊髄液、内臓等
一人の人間を創りあげている全ての器官から原因となる部分を見つけ
手技によってケアをしていきます。
 
例えば、肩が上がらない原因は肩ではなく
頚椎だったり、脊髄を包んでいる膜のねじれや癒着が原因であったり
 
頭痛の原因が手首の不調だったり
横隔膜の動きが悪くなり、血液の循環が滞って起きている場合もあるのです。