生きることに喜びをもたらすヒーリング

不完全な世界の中で、平和と幸福を見出すチカラを育む

すべての人に備わっている癒しの力

ヒーリングは、特別な力ではなくすべての人に備わっている内在的な力。身体の問題であれ、心の問題であれ、魂の問題であれ問題をクリアにする答えはあなたの中にあります。自分自身とつながることで、まだ見ぬ自分を知り、限りなく広がる可能性にアクセスすることが可能になります。

癒しとはなにか?



まずは自らの問題が解決されること、
不自由な思考や身体から解放されること。
自分の制限を超えて自由になること。
そしてその先に本当の癒しがあります。
それは「
奉仕すること」と「貢献できること」です。
真の喜びは与えることで生まれます。自分自身が癒された後に本当の喜びがあることを伝えていくのがhic et nuncのミッションです。

私もヒーリングに救われた一人です

いまから15年前、家庭、仕事、お金すべてを失う経験をし、人生をもう一度やり直す時に出会ったヒーリングの世界。それまで癒しという言葉すら受け付けなかった私がヒーリングに救われたことから数々のセラピーやヒーリング、ボディワークを通してスピリチュアリティを学びヒーラーとして生きることを決めました。その後15年間で20000人以上の方のセッションを行うなかで、メディアや流行に左右されない本当の癒しにたどり着きました。

本当の癒しはとても静かなもの

空前のスピリチュアルブームの中で、たくさんのヒーリングツールやメソッドがうまれました。ヒーリングやセラピーを学べば誰でもヒーリングやセラピーができる世の中になったのにも関わらず、多くの人は繰り返し癒しを求め、人生の迷子になったまま彷徨い続けています。本当の癒しは内在的なものであり、大きな体感や感情の動きはなく、とても静かな内面の変化です。やがて内面の変化が外側に反映され、関係性や環境が変わってくるのです。

霊性を高める

特別なヒーリング、透視、霊視、チャネリング等を行うのには徹底的な潜在意識のクリアリングをし、自分自身の霊性を高める必要があります。霊性を高めるということは内省を繰り返すことで自我というフィルターを外し、大いなる存在=愛に触れることです。愛に触れ、愛に開いていくことで、すべてのつながりを取り戻すことができます。

喜びに生きる

スピリチュアルという言葉はその核となる意味をなくして、多くの人に広まっていきました。スピリチュアリティ(霊性)とは「不完全な世界の中で、平和と幸福を見出す能力」であり、特殊な能力を身につけることではありません。スピリチュアリティが目覚めた時、人は創造力を取り戻し、利他的に生きることに喜びを感じるようになるのです。