ヒーリングサロンの看板を降ろしました

ヒーリングサロンの看板を降ろしました

突然ですが・・・
ヒーリングサロンの看板を降ろすことにしました。

理由は「ヒーリング」という言葉に私自身が縛られてしまい
身動きが取れなくなってしまったからです。

言葉の支配とでも言うのでしょうか。

私が
「ヒーリング」として伝えていきたいことや
「癒し」と考えていることは

世の中が認識しているような
「ヒーリング」とはかけ離れているなあというのは

数年前から感じていたことなんですが
違和感を抱えつつも、
うまく自分の中で折り合いをつけてきました。

でも違和感は大きくなるばかりで、

「スピリチュアル」という
土俵に乗せられるのも苦しくてしょうがなかった。

 

ブランディングも
マウンティングも

癒しとは関係ないんだけど
そんな時代ではどうやらないみたいです。

 

ヒーリングサロンの看板を降ろすことにしましたが
ヒーリングや癒しから距離を置くということではありません。

ヒーリング講座もやりますし
寧ろその逆で、これからも癒しを追求していきます。

ただ、いま現在認識されている

「ヒーリング業界」とか
「スピリチュアル業界」という土俵の上で

揉まれることも戦うこともないんですよね。

理解されないことを苦しむことも
そこでもがく必要も
よそ見してイライラすることも
本来必要のないこと。

 

見ている世界はみんな違います。

だから、私も私が見ている世界を形にしていけばいいんだなあと
ようやく決断が出来ました。

なので、

本当に必要な人に「癒し」を手に取ってもらえるように
一緒に世界を良くしていきたいという仲間と出会えるように
自分で考えて、行動して、人生を作り上げていきたい人たちが集まる

新しい場所を作っていくことにしました。

またサイトの作り直しっていう
手間が出来ましたが(汗)

やっぱり本当にやりたいことにしか
力って注げないんですよね。

 

人生がこの先どれくらい残っているのかわかりません。

でも、今までみたいに
誰かや何かに気を使ったり
遠慮したりして
自分を守りながら生きても
ろくな人生にならないなあと

去年の秋ぐらいからずっと考えていて
自分の取り巻く環境を整理した結果出した答えです。

 

あとはオステオパシーが自分の軸になり
ヒーリングサロンという看板をあげる必要がなくなりました。

オステオパシーは決して肉体だけに働きかけるものではなく
とても深いところまで働きかけるので

あえてヒーリングという形を取らなくてもいいと
個人的には思っています。

 

本当は癒しに型なんていりませんから。

 

そんなわけで
このサイトがこれからどんなふうに作られていくのか

まだちょっと模索中ですが
よかったらまた遊びにきてください。

ではでは。

 

 

クラニオセイクラルオステオパシーサロン
HPはこちらから

このサイトについてカテゴリの最新記事