矛盾を抱えて生きていく

矛盾を抱えて生きていく

天音です。
2018年も残すところあと4日。

どこまで書けるかわからないけれど
2018年を振り返ってみたいなと思い
パソコンを開きました。

ヒーリングのブログ久しぶりですねー。

もはや自分の書くことが多くの人が定義する
「ヒーリング」に入るのかもわかりません。

曖昧な定義のヒーリング。

人それぞれ言葉の解釈は違うので
どこを何をヒーリングと捉えているのか。
その解釈が人によって違いすぎて伝えることに悩んだこともありました。

悩んだままだったので
自分のポジションを決めることも
伝えることもできず。

そのまま1年が過ぎてしまったなあと感じています。

来年はもう少し伝えていけるといいなと思いますが

私が考えている「癒し」を果たして人が必要としているのか?
なんてことも考えるのです。

ヒーリングに出会って15年が経ちます。

はじめは目に見えない何か特別な魔法のようなものを
探したり、自分で訓練したりしていた私ですが
いまはもうそういったものよりも

現実世界でいかに動いていくかに
重きを置いています。

ヒーリングと言われる

何かこう抽象的なことをするよりも
実際の行動を起こす原動力として
自分の核になっている形のないもの。

そこにヒーリングがあるようにしか
いまは考えられないのです。

以前から「その人のあり方が大切」と伝えていたのですが

その人の核に
「人を大切にしたい」とか
「幸せにしたい」とか
「助けたい」とか

癒しにつながるような想いがあれば

結果として何をしてもヒーリングになるのだと思うのです。

ただし、
その想いは本気であることが前提です。

要するに
うわべだけいくらヒーリングを型取っても
そこに力は宿りません。

いまはヒーリングやスピリチュアルに
沢山のお金が発生する時代ですし
エンターテイメントの要素が濃い方が
ビジネスとしては成り立ちます。

でも、そこに真理はありません。

私自身、ヒーリングを仕事にしていて
ここの絡みでものすごく悩みますし

常に矛盾を抱えて続けています。

100万、200万といった
高額コースを作ってどうこうというアドバイスは
いろんな人からもらいますし
以前は自分もそういったものを考えたりもしていました。

キラっとしたブランディングとか。
でも、やっぱり腑に落ちないんですよね。

資格ビジネスもうーんといったところです。

ヒーリング協会を作って
生徒さんにノウハウを教えてそれを広げてもらって
バックをもらうことで収益を得る。

こんなアドバイスをくれた方もいますが
それは私がやりたいことではないし

それをしたところで
誰が幸せになるのかが全く見えないのです。

ヒーリングとビジネス。

この矛盾をずっと抱えてこれからも
いくのだなあと思っています。

で、こういうこと書くと
「天音さんはお金のブロックがあります」と思う人とか
色々いるんだろうけど

あまりにも安易な答えだと思います。

直感という言葉ですり替えられる安易な答えに耳を貸すよりも
自分で自分を掘り下げて見つけた答えの方が
ずっとエネルギーがあると感じています。

直感についてはどこかで話そうと思うけれど
潜在的なものがどうあるかで
直感とよばれるものは決まります。

誰かの直感が当てになるなんてことは
ほとんどありませんから。

誰かに自分の人生を決めて欲しいのなら
話は別ですが。

私はもうそこに居ませんし
そういったものを必要としていないので

極力スピリチュアルと言われるものから距離を置くことにしました。

でもスピリチュアルは大切なものであり
人間を形成している大きな要素です。

ここにもまた矛盾が生まれます。

この矛盾がなくなることはなくて
ずっと矛盾を抱えたまま進んでいくことになるのだと思う。

いつかどこかのタイミングで
何か他のものに姿を変えるかもしれないけれど

もうしばらくは矛盾を抱えたまま
もがいていくのだと思う。

2018年振り返り、続きはまた書きますね。

 

 

オステオパシーHPはこちらから

真理の探究カテゴリの最新記事