11月10日に、ヒーリング基本クラスを開催しました。

内容をさらにシンプルにリニューアルしたクラスでしたが
受講生の皆さんにクラスを楽しんでいただけたようで
本当に良かったです。

ほっとしました(笑)

ヒーリングとは何か?に問いかければ問いかけるほど
それはとても抽象的なものになり

さらにこの世界に善悪や正誤といった
相反する世界をつなぎあわせた

グレーな世界を認識していくことになると
もはや何がなんだかさっぱりわからなくなります。

その中で自分はどうするか?を決めていく。

心の在り方は自分という器を形成していきます。

なので、ひたすら自分を内省していくということが
必要になってくるのですね。

そして、内省するほど
面倒なことはありませんね(笑)

最近は自分の中の想いを
ただ心の中で追うだけでは内省にはならず

自分が見える形でアウトプットすることが
大切なのだと感じています。

今回のクラスで「子供時代に描いた絵を描く」という
ワークを行ったんですが

絵を描くことに付随して様々な記憶や
想いが呼び起こされてきます。

自分が思考できることは
とても表面的な自分でしかなく

奥底で自分の土台になっている記憶がある。

そこに一度フォーカスできると
芋づる式に記憶が飛べだしてきます。

私の場合は
主に劣等感でしょう。

その記憶と記憶に伴う感情が
土台には沢山、沢山あるのです。

劣等感にはいつも誰かとの比較があります。

私と誰かとの間に大きな溝があるのです。

なので、いまだにつまずくのはいつもソコです。

私が一匹狼を好むのはこの溝を見たくないというのが
あるのかもしれません。

ただそれも少しずつ形を変えてきました。

なんだか毎日人といます(笑)
きっと個人に対しての執着が薄れてきたのでしょう。

個人に執着すればするほど
好きとか嫌いとか嫉妬とか寂しさとか
いろんな感情が生まれてきます。

人ではなくモノや行動も
執着になればなるほど窮屈なものになる。

「あっ、自分はいま執着しているんだ」
と気がつけない限り

それらを手放すことは出来ませんからね。

選択を変えることも
ヒーリングが起こるきっかけになります。

テクニックやツールを使うよりも
選択を変えることの方がずっと人生に影響しますからね。

ヒーリングのクラスが終わると
自分の中でもなにかしらの変化が起こるのですが

今回の変化は
フェイスブックの卒業でした。

この仕事をはじめた頃は
本当に毎日、これでもかってくらいブログを書いていた私。

必要な人に届くようにと
沢山の言葉を綴っていました。

自分の承認欲求を満たすために
SNSを使っている自分に気がつけたので

これはやめた方がいいなあと。

いつの間にか依存していましたし
誰かの行動を何気なくチェックしているというのも

とてもおかしな習慣だなと気がついたのです。

その習慣がいまの自分に必要なのかと問いかけると
それは必要なく

必要がないということは
エネルギーの使い方の見直しをかける必要があるんですね。

本当に些細なことだけど
何か1つ選択をして、
行動することでいまと未来は変わります。

そして何をするか?を決める前に
何をしないかを決めると選択はスムーズになります。

自分はどうしたいか?

その問いかけにまずはまっすぐと向き合うことが
癒しのファーストステップです。

私のエネルギーはこの仕事に100注ぎたいのです。
それが私の答えでした。

なのでフェイスブックは「やめないけど見ない」
というスタイルにして9割卒業します。

これ、Avexの松浦さん流です。

やっぱりヒーリングクラスええわああ。

受講してくださった皆さんのおかげで
私にも癒しが起きました。

ありがとうございます。

今週末はアニマルヒーリングクラスが開催されます。

こちらも楽しみです。

ではでは、今日はこのへんで。
ありがとうございました。

 

クラニオセイクラルオステオパシーHP
ブログはこちらから