自分一人では喜ぶことはできないんだよね。

喜びって誰かや何かを通して生まれるもの。

そういうことをちゃんとわかる
ヒーラーやセラピストが
増えたら良いなあと思っています。

私自身もヒーリングを始めたのは
自分自身を救うためでした。

最初はそれでもいいと思うし
最初はそれしかないのかもしれません。

私も随分と長いこと
自分を救うために生きてきました。

大抵、うまくいかない時期は
自分の持っているものを頑なに手中に握りしめているとき。

私利私欲に負けているとき。

自分の中だけで
エネルギーが回っているとき。

そんな時だったなあと思います。

自分一人ではできないこと。

実は自分自身を救うことも
誰かや何かを通してでしかない。

だから、
もっともっと自分の外側に目を向けてみてほしいと思う。

それは自分と外側を比較するんじゃなくて
外側の世界に自分を見つけるためにね。

そういう見方をすると
世界ってもうちょっと優しいものになるんだよね。

戦いすぎた自分は
過去の自分も含めて

戦い過ぎないでいてほしいなあと思うのです。

戦う必要があるときはあるけれど
戦い続けなくてもいいことに

最近ようやく気がつけた感じです。

ではでは、今日はこのへんで。