6月も終盤。
2018年も半分が終わりました。

毎年、書いていると思いますが(笑)
あっというまでしたね。

改めてこの半年間を振り返ってみると
貴重な経験をした半年間でした。

価値観もがらりと変わった部分もあり
ここから半年間は

「いまの自分を超えていく」

というのがテーマになりそうです。

ありのままの自分というものは
いまの自分というわけではなくて

いくつもの殻をやぶり捨てた先にいる自分。

30年、40年と生きている間に
自分ではないものを
知らず知らずにまとってしまっている人が
ほとんどです。

ふたをして閉じ込めてしまった
自分のエネルギーを解き放つとき

それまでとは
違った世界がまっています。

昨日もクライアントさんとのカウンセリング中に
彼女の人生のテーマが

「愛」

ということをお伝えすると

「わかっていたけど、見ないふりをしていました」

と綺麗な涙を流していました。

「愛」って深いよね。

すべての人にとって
「愛」はテーマだと思うけれど

もっともっと「愛」に開いていくことで
自分の殻が剥がれていくのだと思う。

誰かや何かが定義した
「愛」ではなく

言葉では定義されていない
「愛」

ただただ
そこにあるだけの「愛」

そんな「愛」に
彼女は気づいていくのでしょうね。

「愛」に気づくって
やっぱりちょっと怖いですよね。

なぜかというと
これまでの価値観が壊れてしまうし

自分の見えている世界が
がらりと変わってしまうから。

それでも、
人は「愛」に気づきたくて
生きているのだなあと思うのです。

これからの彼女が楽しみです。

みなさんはこれからの半年間を
どう過ごしたいですか?

よかったら、コメントやメールをくださいね。
amane.heal@gmail.com

久しぶりに聴いたスガシカオ、かっこよかった(^^)
ではでは。

天音美保