天音です。
昨日はオステオパシー施術の出張で神奈川県の善行まで行って来ました。

善行は中学の時に陸上部の練習だかなんかで
陸上競技場に何度か足を運んだ記憶があるぐらいで
ほとんど縁のなかった場所です。

30年ちょっと神奈川に住んでいたけれど
まだまだ知らない場所ばかり。
善行をちょこっと歩いてみて感じたのが
急な坂がとても多い!

空気感も山っぽい感じがするんですよね。
最近は茅ヶ崎にも出張に行っているんですが
あちらは開けた海の気を感じます。

海の気と山の気。
月一の神奈川への出張が
東京での自然不足を解消するために役立っているように思います。

神奈川は植物の色もずっと鮮やかできれいだからね。

さて、今日はこれから
セルフヒーリングの会を開催するんですが

自分の身体や心の状態を自分がちゃんと知っておくって
ものすごく大事なことです。

見た目にはわからない変化を
毎日感じるように意識してみると
だんだんとその変化に気がつけるようになります。

自分のちょっとした変化に気がつけるようになると
相手のちょっとした変化にも気がつけるんですね。

ヒーリングを行うには
いろんな「目」を持つ必要があります。

微細な変化を見る目。
大きな外枠を見る目。
一直線にまっすぐ見る目。
ものごとを球体のようにつなげて見る目。

多角的にものを見ると一言で言うと
ちょっとイメージしずらいので
実際にどんな見方があるのかを書き出してみるといいですよー。

・・・と地味なワークをコツコツやっています(笑)

ヒーリングだけに限らず
どんな分野でもたくさんの目を持つようになると
世界の見え方もかわってくるし
物事もスムーズにながれやすくなる。

実際に面のものって動きがないけど
立体のものって動きがありますよね。

立体的に物事を捉えるようになると
つながりや関係性が見えてくるから
どこをどう動かしたいいのかがわかってくるんですね。

セルフヒーリングの会も
立体的に自分が見えるようにしていくのが
1つのゴールです。

たくさんの目を開いていきましょう。
ではではー。