3月も終わりますね。

春分の日に雪が降ったりもしましたが
ここ数日は暖かい陽気で、
満開の桜に集まる人たちの賑わいもあって
春らしさを感じます。

春の服、買わなくちゃなあ。。。

先週は
3月18日ヒーリング上級講座
21日 自分再構築セミナー
24日 女子塾セミナー
とセミナー三昧の日々を送っていました。

ヒーリングセッションも施術も楽しいけれど
セミナーでたくさんの方にお逢いできるセミナーはまた違う楽しさがありますね。

ヒーリング講座以外は久しぶりのセミナーだったので
セミナー当日まで「何を話そうかな」とけっこう考えたんですが
伝えたいことは1つしかないなあと。

テクニックやツールも大事だけれど
それよりももっと本質的なことを伝えていきたい。

なかなか伝わりずらいことであっても
言葉にのせた想いは、必要なタイミングで届くと思うんですよね。

セミナーに参加したときにすごいーっと感動しなくても
なんだかこう、もやっとした形に終わったとしても
時間をかけて噛み砕いて「あ、そうか」と落としこんでもらえたらいいなと思います。

私自身、4年前に半年間参加させてもらったセミナーで学んだことが
いまようやく腑に落ちたところです。
参加したときは何を言っているのか全然わかりませんでしたが(笑)

腑に落ちただけで、実行できているかはまた別の問題ですが
繰り返し実行していくことでもっと理解が深まるでしょう。

私たちは、答えや絶対をすぐに欲しがる癖みたいなものがあって
それは脳のしくみを知るとわかるんだけど
曖昧なものを曖昧なままにしておくことが苦手です。

隠されると見たくなる、知りたくなる現象というのがあって
つじつまを合わせて目の前にあるもの理解したい衝動にかられます。

でもって、その答えというのが

行動を伴ったものと、
自分の記憶をつぎはぎしたもの2つがあります。

ほとんどの答えが後者で、
すでに経験して、ある程度知っている答えだから
その答えにはとても安心感があります。

その答えが
自分が望んでいた答えではないとしても。。。

いままでにない答えを見つけるって
経験あるのみなんですね。

経験するってエネルギーがいるし
これまでに渡って来た橋を渡るわけじゃないから怖い。

それでも知りたくて、新しい世界をみたくて。
だから新しい橋をわたる勇気が必要。

勇気ってどこから生まれてくるのか?
考えてみると色々と発見があるかもしれませんね。

で、セミナーでは何を伝えたかというと

ヒーリング講座も、
自分再構築セミナーも、
女子塾も

「自分を知る」っということでした。

ここに取り組むことで人生の質は大きく変わります。

ホームページのトップページにも書いたけれど
「人間は自分を知ることにより世界をも知る」ことができるし

自分の中にある世界でしか
外の世界を認識できないんですね。

知覚できないものは存在できません。

目の前にリンゴがあっても
それを見たり、触ったり、匂いを嗅いだりと知覚されなければ
そのリンゴは存在しないことと同じになります。

自分の中に知覚できるものを
私たちは知覚する。

だから自分と他者との価値観が異なります。

Aさんには気になることも
Bさんには全く気にならないなんてことはいくらでもありますよね。

自分が何を知覚しているかを知ることで
自分がどんな世界の中を生きているのかがわかります。

でも、知りたくないこともたくさんあります。
見て見ないふりをしていた方が現状維持できますしね。

これは強制するものではないけれど
現状を変えたい場合は自分の中で
まだ知覚できていないものを知るしかありません。

要するに気づくしかない。

気づいて、
動いてみる。

ただその繰り返しです。

次回はもうちょっとこの3つのセミナーについて
書いてみようと思います。

ではではー。

 

天音美保